SE構法で建てる長期優良住宅です  伊東工務店の作品事例





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒 400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

■SE構法でつくる長期優良住宅 2016秋 現場LIVE Ver.8

建築主様のご好意により、施工風景を公開します。+パッシブこちら

「つくっては壊す」のではなく、「いいものをつくり、長く大切に使う」時代へ。長期優良住宅の考え方が広まるにつれ、家づくりの常識が変わりつつあります。
厳密な構造計算による耐震性・耐久性があること。間取りや設備を、ライフスタイルに合わせて変えていけること。施工や改修などの履歴を記した「住宅履歴書」によって、家を"資産"としても捉えられること。今日の長期優良住宅のテーマです。

建物概要

■工事名   某邸新築工事
■建設地   都留市内
■構 造   SE構法2階建
■用 途   専用住宅
■建物仕様  長期優良住宅 
■耐震等級  3
■工 期   2016年10月着工 2017年4月竣工予定
■設 備   パッシブパッシブ冷暖はこちらから

■外部左官工事 2017年3月13日

外壁工事が始まりました。中空層にラスモルタル下地の上にアイカ工業のジョリパット鏝仕上げです。ここ数日は天候に恵まれています。

■断熱工事 2017年2月13日

MOCOフォーム壁80mm、屋根160mmの現場発砲ウレタンです。工事は2日間で終了しました。

■防水工事 2017年2月8日

2階ベランダのシート防水工事です。ベランダ出幅は1.365mmと広く、庇も750mmあるため洗濯物も雨の心配もなくてしっかり干す事が出来ます。

■構造見学会 2017年1月28日〜29日

構造&パッシブ冷暖見学会を開催しました。多くのご来場ありがとうございました。

■パッシブ冷暖工事その2 2017年1月26日

パッシブ冷暖のシステムは、フローデザイナーというシュミレーションソフトを使い、気流や熱の移動など科学的に確認したものを施工します。ダクトを使い、1階へムラなく出来る冷暖房システムです。

■上棟式 2017年1月21日

大安吉日の今日、上棟式を行いました。

■パッシブ冷暖工事 2017年1月15日

いよいよパッシブ冷暖の工事が始まりました、1階床下の断熱性を高めるために、基礎内立ち上がりは45mm、床面外周部は45mm中央部分は25mmのスタイロフォームを敷き込みます。

■防蟻工事 2016年12月28日

今回は「パッシブ冷暖」(床下エアコン)を計画しているため、防蟻工事は一般の薬剤でなはく、「ホウ酸」を使用します、下地合板も裏表処理を丁寧に行っています。

■瓦工事 2016年12月25日

瓦を葺きはじめました、この瓦は、丸栄陶業ローマンLL40という洋風瓦です。

■屋根工事 2016年12月13日

12月9日に建て始めてからは、天候に恵まれる中、木工事も順調に進んでます、下屋ではルーフィングを敷き始めました。

      

■木工事 2016年12月9日

天候に恵まれる中、本日建て方を行いました。

■木工事 2016年11月29日

柱を強固に受ける金物のPH12です、全部で37箇所あります、この後土台敷き込みです。

■基礎工事 2016年11月26日

立ち上がりを打設しました、この後柱却金物を取付けます。

■基礎工事 2016年11月16日

ポンプ車を使い、ベースコンクリート打設を行いました、35m3の生コンです。

■基礎工事 2016年11月12日

配筋完了しました、木造住宅とは思えないほど「真っ黒」です。

■基礎工事 2016年11月8日

外周部の型枠を組み、37本(箇所)のアンカーセットを行いました。

■基礎工事 2016年11月5日

防湿シートを敷き込みました、このあと外周の型枠工事となります。

■基礎工事 2016年11月3日

捨てコンに設置したアンカーベースです、柱と緊結するPH12という金物を接続する、SE構法の「肝」の一つです、全部で37箇所の設置です。

■基礎工事 2016年10月31日

捨てコンを打設しました、この後、光波測量計を使い「芯墨」を出し、PH12金物のアンカーを設置しました。

■基礎工事 2016年10月26日

根伐り作業が始まりました、高さや位置を確認しながらの作業です。

■地縄張り 2016年10月22日

建物の位置出しです、光波測量機器を使い正確な位置を決める作業です

■地鎮祭 2016年10月9日

建築工事に先立ち、地鎮祭を執り行ないました、生憎の雨模様でしたが無事終了することが出来ました、

■位置出し 2016年6月

設計時において、建物の位置確認をしました。