山梨の注文住宅 パッシブデザインを提案する快適な暮らしの注文住宅の工務店です





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒 400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

 

はひややか はほんわか

      パッシブって何?

「パッシブ冷暖」とは、大型でメンテナンスが大変な全館空調システムや暖房のみの床暖房とは違い、床下エアコンの原理的な優位性を意識したミニマム(最小)で最適な床冷暖房という次世代の冷暖房システムです。
簡単に言えば、床下空間を利用してエアコンで冷暖房するシステムのことを言います
「パッシブ冷暖」の特徴は、自然のエネルギーを利用した、パッシブデザインを根拠とした建築があることが大きな前提となります、そこで得られる「小さいエネルギーで冬暖かく、夏涼しい」をさらに高いレベルに持っていくことを大目標としているところです

暖房時は「じんわり」と

「床下空間」を暖めることで、足下から「じんわり」暖かくなるという快適性が得られるところが大きな特徴です、最近ではエアコンで暖房する家庭も増えてきましたが、その温風を心地よく感じなかったり、足下が冷えて顔がのぼせたりします。
また最近のエアコンは暖房設備の中でもっとも効率がよく、その省エネルギー性を活用することができることも特徴の一つです、当然、暖房にかかる光熱費も安くて済みます、ちなみに一般的な床暖房システムは、採用する費用が高く、暖房のエネルギー消費量(暖房光熱費)がある程度大きくなってしまいます

   

冷房時は「やわらか」く

床下空間をある程度冷やしながら、冷たい熱を壁の帖簿にもっていく工夫によって「冷たい空気は下に降りる」という原理を活用します、
 
この結果、「ほとんど冷房の風を感じることなく、極めて高い快適性が得られることになります、「やわらかな冷房」で涼感が得られます



   

高性能シュミレーション

パッシブ冷暖」とは、高い効率のエアコンを床下へ設置し、床下で暖められた(冷やされた)空気はチャンバーやダクトを経由し、「FlowDesighner」という詳細な熱と気流のシュミレーションツールを使い「最適な温熱環境(暖涼感を決める環境)を検討します。
だから「ミニマム最適冷暖房システム」



  

「パッシブ冷暖はいいとこどり

「パッシブ冷暖」はエアコンと床暖房のいいとこどりです

省エネ性と快適性の両立を「低価格」で実現する、しかも光熱費とメンテナンス費用も抑えられる快適性、省エネ性、経済性に優れ、お手入れも簡単です。 


     
 


 
    

日本の四季を心地よく 気持ちよく

夏と冬を涼しく暖かく過ごして頂きたい、そう考えてます。それには夏と冬の相反する外気温に対して、建てるときにしかできないパッシブデザインを建物の断熱性能を高くすることを目指し、いずれ交換が必要な冷暖房システムをミニマムで最適なパッシブ冷暖を採用します、パッシブ冷暖を採用するためには、断熱性能、夏の日射遮蔽性能、冬の日射取得性能を一定のレベルにすることが条件となります、山梨で「パッシブ冷暖」を採用できるのは当社だけです、ぜひお問い合わせ下さい。